示談書とはどんなもの?

不倫の示談書(和解書、和解契約書)とは、不倫問題が話し合いによって解決した際に、不倫相手が支払うことになった慰謝料の額や支払い方法、今後の約束などを記載する書面であり、債務の履行(慰謝料の支払い)を確実にするため、将来の紛争を予防するため、不倫問題が解決したことを証するためなどに作成します。

タイトルは「示談書」でも、「和解書」でも、「和解契約書」でも、「契約書」でも何でもよく、そのタイトルによって何かが法的に変わるということはありませんので、極端に言えば、タイトルなしにいきなり本文から始まっていても問題はありません。

どちらかと言うと、「示談書」というタイトルはきつい感じを受け、「和解書」や「和解契約書」というタイトルは柔らかい感じを受けるので、不倫の慰謝料を請求する側は「示談書」というタイトルを好まれることが多く、不倫の慰謝料を請求される側は「和解契約書」というタイトルを好まれることが多いように感じます。

ただ、上記のようにタイトルによって何か法的に変わるということはないので、相手方がタイトルに異常なこだわりを持っているような場合は、不倫問題を早期に解決するために、相手方の希望するタイトルで示談書を作成することを考慮してもいいでしょう。

作成しなければ懸念されること

慰謝料を請求する側からすれば、不倫相手が支払うと約束した慰謝料が支払われないこと、「慰謝料を多く支払い過ぎたようなだから返して」などと言われること、配偶者と不倫相手との不倫関係が再発すること、不倫相手から後日嫌がらせを受けることなどが挙げられます。。

また、慰謝料を請求される側からすれば「この前の慰謝料では足りない」と言われて再度請求されること、不倫の事実を第三者などに知られる(請求者が触れまわる)こと、請求者や元不倫相手から後日嫌がらせを受けることなどが挙げられます。

目的

不倫問題解決時に不倫の示談書を作成しなかった場合、上記のようなことが懸念されるわけですから、不倫の示談書を作成する目的は上記のような懸念を払しょくすることにあります。

つまり、不倫問題の完全な解決を証すること、慰謝料の支払い方法等を含めて様々な約束事やそれに違反した場合の違約金を設定することなどによって将来の紛争を予防することが、不倫の示談書を作成する目的です。

必要性

まず、不倫の慰謝料を一括で支払うことが決まった場合はどうでしょうか?

不倫の慰謝料を一括で支払うことになったとしても、請求の原因となった事実(不倫の事実関係)、慰謝料の額と支払い方法、「今後はお互いに連絡を取らない」、「もし連絡を取った場合は違約金が発生する」、お互いにこれ以上は何も請求しない(債権債務の不存在)等を約束をして後日の紛争を予防するためにも、示談書の作成は必須と言えます。

次に、不倫の慰謝料を分割で支払うことが決まった場合はどうでしょうか?

不倫の慰謝料は100万円以上になることも多く、経済力がない不倫相手に慰謝料を請求する場合は分割払になることもしばしばあります。

ないものを支払わせることは不可能ですし、「親から借りてこい!消費者金融から借りてこい!」等は脅迫となってしまうので、場合によっては分割払いを受け入れざるを得ないでしょう。

しかし、分割払いになれば、一括払いのときに比べて、格段に慰謝料不払いのリスクが高くなりますから、上記一括払いの約束事以外にも支払いが滞った場合の罰則(期限の利益喪失約款等)や強制執行認諾約款付公正証書作成の合意などを記載して不払い時に備えるためにも、将来の紛争を予防するためにも、示談書作成は必須と言えます。

記載内容

不倫といっても一方のみが既婚者である場合もあれば、双方が既婚者であるダブル不倫、その不倫によって夫婦間は離婚に至るのか、その不倫後に不倫相手と完全に接触をしないで済む関係にあるのかなど様々な形態があります。

そのため、そのケースによって示談書に記載する内容も異なることになるのですが、一般的には以下のようなことを記載します。

  • 不倫の事実関係
  • 慰謝料の額と支払い方法
  • 不倫相手と配偶者が一切の私的な関わりを絶つ約束
    (夫婦が離婚しない場合)
  • 債権債務の不存在条項
  • 強制執行認諾約款付公正証書作成の合意
    (慰謝料支払いが分割になる場合)
メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

初級編メニューへ移動