内容証明郵便とはどんなもの?

内容証明郵便とは、何やら物々しい名前が付いていますので凄いもののように感じるかもしれませんが、「どこの誰が」「どのような内容」の文書を「誰に対して」「いつ」発送したかを、郵便局が証明してくれる手紙の一種です。

内容証明郵便を仕事の関係などで受け取られてことや、出されたことのある人はご存知でしょうが、一見するとかなり迫力があります。

電子内容証明郵便は別ですが、普通の内容証明郵便には差出人や郵便局の印鑑が多数押されていますからね。

ただ、不倫相手に慰謝料請求する場合、内容証明郵便を出しただけでそこに記載されている内容(例えば金○万円を○月○日までに振り込めなど)を受取人(不倫相手)が履行する義務があるわけではありませんし、何らかの返答をしなければならないという義務もありません。

つまり、内容証明郵便は単なる手紙の一種でありますので、それを出しただけでどうこうなるという性質のものでなければ、受取人に何らかの法的義務が発生するわけではないのです。

使用する効果

内容証明郵便には魔法のような効果があり、例えば「金○万円を○月○日までに口座に振り込め」と記載しておけば、内容証明郵便の受取人はその通りに振り込んでくると勘違いされている方がときどきいます。

しかし、上記のように内容証明郵便といっても手紙の一種であり、それを出しただけ、あるいは受け取っただけで何らかの法的な義務等が生じるわけではありません。

そのため、多くのサイトでは「不倫の慰謝料請求には内容証明郵便を使用しましょう」などと記載されておりますが、不倫の慰謝料を請求する際に内容証明郵便を使用しなければならない決まりなどはなく、一般書留や簡易書留を使用して請求してもいいのです。

メリット

最大のメリットというより、何が何でも内容証明郵便を使用して不倫の慰謝料を請求すべきときは、時効が迫っているときです。

来月には時効が成立するというようなときには、いったん内容証明郵便で請求しておけば、その時効を一時的に中断(その後6ヶ月以内に訴訟等を起こす必要があります)させることができるという効果が生じるからです。

上記の時効が迫っているとき以外は、何が何でも内容証明郵便を使用して不倫の慰謝料を請求しなければならないということはありませんが、内容証明郵便を使用して不倫の慰謝料を請求するメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • いつ、誰が、誰に、どのような請求をしたかの確実な証拠を残せる
  • 不倫相手に威圧感(プレッシャー)を与えられる
  • 請求に対する本気度を不倫相手に見せられる

デメリット

しかし、内容証明郵便で不倫の慰謝料を請求することにはデメリットもあります。

それは、不倫相手が慰謝料請求者に対して謝罪と賠償の意思を有している場合において、突然内容証明郵便で威圧的に慰謝料を請求をされたら、そのような謝罪と賠償の意思を失くしてしまうことです。

「悪いと思っていたから、謝罪もしようと思っていたし、慰謝料も払おうと思っていたのに、突然内容証明郵便まで送ってきやがって!」という感じです。

まさに逆切れ以外の何物でもないのですが、このような感情を持つ人が多いことを知っておいて損はないでしょう。

ですから、不倫相手が謝罪と賠償の意思を有していると思われる状況においては、わざわざ内容証明郵便を送付して威圧的に請求するよりも、一般書留等を使用して柔らかめに請求したほうが早期解決を望める場合が多いのです。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

初級編メニューへ移動