慰謝料の発生と請求相手

離婚に至らなければ慰謝料は発生しないか?

不倫の慰謝料とは、配偶者のあるものものが、配偶者以外の異性と自由意思で肉体関係を持ったことによって、他方の配偶者が受けた精神的苦痛を慰藉するための金銭のことです。

ときどき当事務所に「不倫をして奥様から慰謝料を請求されましたが、その夫婦は離婚しないそうです。それなのに、私は不倫の慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?」という質問が寄せられます。

配偶者に不倫をされたとしても、その不倫をされた被害者が配偶者を許して離婚せずに婚姻を継続した場合に慰謝料は発生しないのでしょうか?

結論として、慰謝料は発生します。

その夫婦が離婚しないと不倫の慰謝料を請求できないということはありません。

その不倫が原因で離婚に至らなかったといっても、不倫をされた配偶者が精神的苦痛を受けたことには変わりはないからです。

ただ、その不倫によって離婚に至った場合に受ける精神的苦痛と離婚に至らなかった場合に受ける精神的苦痛は、一般的には離婚に至った場合の精神的苦痛の方が大きいとされておりますので、損害賠償額(慰謝料額)も大きくなることが多いのです。

(この理屈が私にはよく理解できません。離婚に至らなかった場合は、ずっとそのことが頭から離れないと思うので、むしろ精神的苦痛は大きいのではないかと・・・)

誰に請求できるのか?

不倫の慰謝料は原則として以下の人に請求することが可能です。

  • (1)不倫をした配偶者
  • (2)その不倫に加担した第三者(配偶者の不倫相手)

まず、配偶者に不倫をされた被害者は、その不倫をした他方配偶者に対して慰謝料を請求することが可能です。

もちろん、上記のようにその不倫が原因で夫婦が離婚に至らなかったとしても、不倫をした配偶者に対して慰謝料を請求することはできるのですが、離婚をしない場合は不倫をした配偶者に慰謝料を請求しないことが一般的です。

その代わり、罰としてお小遣いが減らされる、高価な指輪を買わされるなどのペナルティーが課せられることが多いようです。

配偶者の不倫相手にも請求することが可能

配偶者に不倫をされた不倫の被害者は、配偶者だけではなく、その不倫に加担した配偶者の不倫相手に対しても原則として慰謝料を請求することが可能です。

なお、上記で原則としてとあるのは、例えば夫の不倫相手が夫のことを既婚者と知らなかった(知らなかったことに過失がない)場合などは、配偶者の不倫相手に対して慰謝料を請求することができないからです。

詳しくはこちらの不倫の慰謝料請求ができる条件をご確認いただければと思います。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

初級編メニューへ移動