法律上の不倫

どこから不倫であるかというのは、人それぞれの道徳観等によって変わってくると思います。

異性と頻繁にメールをする、異性と二人だけで食事やお酒を飲みに行く、デートをする、キスをする、肉体関係を持つ、肉体関係を持ったとしても遊びならセーフなど、その人によって「ここから不倫」という価値観はあるでしょう。

では、「ここから不倫」という価値観は人それぞれであるとしても、法律上の不倫(不貞行為)に定義というものはあるのでしょうか?

あるのです!

法律上の不倫(不貞行為)とは、配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、自由意思で、肉体関係を持つことです。

上記は実に分かり難い表現なのですが、これをそれぞれ区切って見ていくと、どのようなものが法律上の不倫(不貞行為)に該当するかご理解いただけると思います。

配偶者のあるものが

「配偶者のあるもの」とは、婚姻届を提出している法律上の夫婦だけであるとは限りません。

何らかの事情により婚姻届自体は出していないものの、実質上は夫婦同然に生活している内縁関係の夫婦も含まれますし、婚約中の男女も含まれます。

配偶者以外の異性と

「配偶者以外の異性と」ですから、あくまでも肉体関係の対象は「異性」であり、同性愛は含まれません。

夫がどこかの男性と肉体関係(こういうのも肉体関係というのでしょうか・・・)を持ったとしても、それは法律上の不倫(不貞行為)にはなりません。

ただし、上記の関係が「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚原因にはなると考えられます。

自由意思で

「自由意思で」とは、自ら進んでという場合だけを指すのではありません。

例えば、ある女性からのアプローチによって、妻がいる男性がその女性と肉体関係を持った場合、きっかけは女性から誘われたことであったとしても、そのアプローチを断ることもできたのですから、自由意思があったと言えます。

しかし、何か弱みを握られるなど女性が強迫されて肉体関係を持たされたときや、強姦された場合は、自由意思があったとは言えません。

逆に、男性が何か弱みを握った女性を強迫して肉体関係を持った場合や、妻以外の女性を強姦した場合は、自由意思で行っているのですから、法律上の不倫(不貞行為)に該当します。

肉体関係を持つこと

「肉体関係を持つこと」とは文字通りです。

メールをしていた、二人で食事に行った、映画を見に行ったなどはもちろんのこと、手をつないだ、腕を組んで歩いていた、キスをしたなども肉体関係がない限り、原則として法律上の不倫(不貞行為)にはなりません。

「メールをしていた」ぐらいは世間一般の常識からしても不倫にはならないと思いますが(あまりにも非常識な内容や頻度は別でしょうが)、二人で食事に行く、映画に行くなどは人によっては不倫と感じるのではないでしょうか?

ましてや、キスをしてたなどどう考えても不倫だろう!と言いたい人も多いと思いますし、私もその考えに賛成しますが、原則的には法律上の不倫(不貞行為)とはならないのです。

法律っておかしいですね・・・

ただし、これらの行為が原則的には法律上の不倫(不貞行為)にならないといっても、度が過ぎれば(人前で堂々と何度もキスをしているなど)損害賠償請求の対象にはなるでしょう。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

初級編メニューへ移動