原則として子供からの請求は難しい

父親(あるいは母親)が不倫したことによって、その子供から父親(あるいは母親)の不倫相手に対して、精神的苦痛を受けたとして、不倫の慰謝料を請求することができるのでしょうか?

ここでは、既婚者の男性が未婚者の女性と不倫をしたケースで説明します。

夫と不倫関係にある不倫相手は、夫のことを既婚者と認識しながら自分の意思で夫と肉体関係を持ち、不倫の当時に夫婦の婚姻関係が完全に崩壊していないのであれば、妻の「平穏な婚姻生活を送る」という権利を侵害していることになります。

そのため、このような状況において不倫相手が夫と肉体関係を持つことは不法行為に該当しますので、妻から不倫相手への慰謝料請求は可能となります。

では、夫の子供が「僕もあなた(不倫相手)の不倫によって精神的苦痛を受けた」として、不倫相手に慰謝料を請求できるかが問題です。

普通の感覚から考えますと、父親の不倫の意味を知ることができる年齢の子供であれば、父親が不倫をしたことによって少なからずショックを受け、場合によってはそれが原因で学校の成績が低下することや、非行に走ることもあるでしょうから、子供から不倫相手に対する慰謝料請求を認められてもいいように感じます。

しかしながら、子供から不倫相手への慰謝料請求は、下記の判例のように「特段の事情のない限り」原則としてできないとされております。

但し、このことは逆に言えば、「特段の事情があれば」子供から不倫相手への慰謝料請求は可能ということです。

下記の判例によれば、父親と不倫相手が同棲して父親から愛情を注がれなくなった、父親から監護や教育を受けられなくなったということは「特段の事情」には該当しませんが、その不倫相手が父親と子供が会うことなどを意図的に妨害するなど、不倫相手が父子の交流を積極的に妨げた場合は別であり、子供から不倫相手に対して慰謝料請求できる場合もあると考えられています。

  • ※最高裁判例
  • 妻及び未成年の子のある男性が他の女性と肉体関係を持ち、妻子のもとを去って右女性(=父親の不倫相手)と同棲するに至った結果、右未成年の子が日常生活において父親から愛情を注がれ、その監護、教育を受けることができなくなったとしても、右女性の行為は、特段の事情のない限り、未成年の子に対して不法行為を構成するものではない。

自ら不倫相手に減額要求の根拠を与えない

上記のように、原則として不倫相手に不倫の慰謝料を請求できるのは、配偶者に不倫をされた他方の配偶者だけです。

しかしながら、不倫の慰謝料を請求する書面には「私(不倫の被害者)と子供達はあなた(不倫相手)の不倫によって精神的苦痛を受けたので、私と子供達への慰謝料として○万円請求します」と記載されていることが多々あります。

ここで考えていただきたいのは、不倫相手に慰謝料を請求できるのは、原則として配偶者に不倫をされた他方の配偶者だけであるのに、子供からの慰謝料を含めて請求していることです。

このことは、慰謝料請求者自ら不倫相手に対して、慰謝料減額の根拠を与えていることを意味します。

なぜなら、このような慰謝料請求書面を受け取った不倫相手が「原則として子供から不倫相手に慰謝料請求はできない」ということを知っていれば、「奥様とお子様の精神的苦痛として○万円というご請求ですが、原則としてお子様から私に対しての慰謝料請求はできませんので、不倫によって奥様が受けられた精神的苦痛分だけ請求していただけますでしょうか」という反論を許してしまうことになります。

このような反論をされれば、慰謝料請求者としては最初に請求した○万円から減額した慰謝料を再度請求せざるを得ないことには整合性が取れなくなります。

つまり「私と子供達への慰謝料として○万円請求します」と記載することは不倫相手に慰謝料減額の根拠を与えることになりますので、不倫相手を喜ばせる結果となってしまうのです。

なお、さらに最悪な記載方法は、仮に不倫相手に不倫の慰謝料として300万円請求する際に「私(不倫の被害者)への慰謝料として100万円、長男への慰謝料として100万円、次男への慰謝料として100万円」という具合に、誰の分でいくらの慰謝料を請求すると具体的に記載してしまった場合です。

慰謝料請求書面にこのように誰の分でいくらの慰謝料を請求すると具体的に記載してしまいますと、不倫相手からは「原則としてお子様達から私に対しての慰謝料請求はできませんので、奥様に対する慰謝料だけの100万円をお支払いすればいいですね?」と回答されかねませんから、十分に注意されてください。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動