慰謝料発生の条件

「相手男性のことを独身者だと思って交際していたのに、突然その男性の奥様と名乗る方から慰謝料を請求されましたが、私は慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?」というご質問が当事務所によく寄せられます。

中には、既婚女性が自身を独身と偽って男性に近づくこともあるようですが、やはり既婚男性が女性を口説くときに、「俺は独身だよ」と偽ることが多いようです。

ストレートに「俺は独身だよ」とは言わないまでも、聞かれない限り既婚者であることを隠すこともあります。

ここで不倫をした人が慰謝料を請求される条件をおさらいしましょう。詳しくはこちらの不倫の慰謝料請求ができる条件をご覧ください。

  • (1)既婚者と肉体関係を持ったこと
  • (2)相手に配偶者がいることを知っていたこと、又は相手に配偶者がいることを知らないことに過失があること
  • (3)相手方夫婦の婚姻関係が破綻していなかったこと

原則として、上記の条件が全て満たされた場合に限って、不倫相手の配偶者からの慰謝料請求に応じる義務が生じます。

不法行為に該当するかどうかが重要

不倫相手の配偶者に対して、不倫の慰謝料を支払わなければならないのは、その不倫が不法行為に該当する場合であり、不法行為とは、「故意又は過失によって他人の利益、法律上の権利を侵害すること」です。

「故意」とは「交際相手を既婚者と知っている」という状態、「過失」とは「交際相手が既婚者であることを注意すれば知ることができた」という状態だと思われてください。

「俺は独身だよ」と交際相手の男性から言われてそれを信じたのであれば、「故意があった」ということはありません。本当にその男性のことを既婚者だとは知らなかったのですから。

ただ、「過失はあった」可能性があります。

交際相手の男性が左手の薬指に指輪をしているなどの状態であれば、いくら 「俺は独身だよ」と言ったところで、普通に考えれば既婚者であることは分かります。

左手の薬指に指輪をしながら、「俺は独身だよ」などとお馬鹿なことを言う男性もいないと思いますが・・・

他にも、ちょっと注意すれば既婚者であることが分かるような場合は、仮に交際相手を独身と信じたとしても、それは「過失があった」と判断され、慰謝料支払い義務が生じることとなります。

具体的には、絶対に自宅には入れない、部屋の間取りを聞くと一人で住むには大きすぎる、既婚者であるような言動を垣間見せる、何年もの長期間に渡って交際している(何年も交際していれば普通は既婚者と気付くでしょう・・・)などです。

既婚者と知らなかったと主張すれば済むのか

では、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された場合、「私はあなた(慰謝料請求者)のご主人を既婚者と知らなかったので、慰謝料は支払えません」と主張すれば済むのでしょうか?

このような主張がバンバン通るのであれば、よほどの証拠を押さえられていない限り、慰謝料を請求された人はかなり有利な立場になりますよね。

よほどの証拠とは、例えば慰謝料を請求された人から交際相手に対して「奥さんにばれたら大変ね」などと送信しているメールなどです。

理屈の上では、不法行為に該当するということは、慰謝料請求者が証明する必要があります。

つまり、慰謝料請求者の配偶者と不倫相手が肉体関係を持ったこと、不倫相手が慰謝料請求者の配偶者のことを既婚者と知っていたことなどは、慰謝料請求者側が証明しなければなりません。

しかし、知り合いの弁護士にお聞きした話では、実務上では必ずしもそうではなく、裁判になった場合、裁判官はどうしても請求された側の人間を「不倫をしていた人」という色眼鏡で見てしまうとのことです。

そのため、どちらかと言えば慰謝料を請求された側が交際相手を既婚者と知らなかったという証明ができなければ、慰謝料の支払いを免れることは難しいようです。

ですから、交際相手を既婚者と知らなかったと主張されるのであれば、本当にそれが事実であったとしても、それなりの証拠を揃えておかれるべきでしょう。

例えば、交際相手からの「妻とは数年前に別れて今は独身だよ」と記載されているようなメールなどです。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動