婚姻関係破綻後の不貞行為に対する慰謝料支払い義務

裁判所

まず、夫婦の婚姻関係が破綻した後の不倫であれば、交際相手の配偶者に対して不法行為責任を負いませんので、不倫の慰謝料を支払う必要はありません。

このことについては、こちらの→不倫の慰謝料請求ができる条件でご説明しておりますように、また下記の最高裁判例にもある通りです。

  • 参考判例(平成8年3月26日最高裁判例)
  • 甲の配偶者乙と第三者丙が肉体関係を持った場合において、甲と乙との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情のない限り、丙は、甲に対して不法行為責任を負わないものと解するのが相当である。

※甲は慰謝料を請求した妻、乙は不倫をした夫、丙は夫の不倫に加担した人です。

慰謝料支払い義務を負わない理由

疑問

では、なぜ婚姻関係破綻後の不貞行為の場合、不貞行為に加担した第三者に慰謝料支払い義務を負わないのでしょうか?

上記の判例によりますと、甲(慰謝料を請求した妻)から丙(夫と不倫をした人)への慰謝料請求が認められるのは、婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益を侵害するからです。

ところが、不貞行為が開始される前に婚姻関係が破綻していた場合には、このような権利又は法的保護に値する利益があるとは言えないからです。

婚姻破綻との誘い文句

不倫をしようとする人の誘い文句の定番として「妻との婚姻関係(夫婦関係)はとっくの昔に破綻している」というものがあります。

また、「婚姻関係破綻」という言葉までは使わなくても「家庭内別居」、「冷えきっている」、「お互いに無関心」、「愛情がない」、「子供のためだけに結婚生活を続けている」等の言葉で誘い、不倫関係に持ち込もうとする人が非常に多いです。

誘い文句を理由に慰謝料支払いを拒否できるか

そもそも、夫婦関係に全く何の問題もないのであれば、不倫しようと誘ってくること自体がないでしょう。

ですから、不倫を誘ってくる人は、配偶者に対する不満があるとか、夫婦間に何らかの問題は抱えているのでしょう。

疑問

では、そのような誘い文句を信じて不倫関係になった場合に「私はご主人から婚姻関係は破綻していると聞かされていたから慰謝料支払い義務はない」との主張が可能なのでしょうか?

虚偽の場合

まず、不倫相手からの「妻との婚姻関係はとっくの昔に破綻している」という言葉が、不倫に誘うための方便(つまり嘘)である場合についてです。

この場合、それを信じて不倫関係になったとしても、信じたことに過失があるとされて、不倫相手の配偶者に対する慰謝料支払い義務が生じることになります。

個人的には騙したほうが悪いとも思うのですが、騙されたほうも悪いということですね。

勘違いの場合

次に、不倫相手からの「妻との婚姻関係はとっくの昔に破綻している」という言葉が、不倫相手の勘違いである場合についてです。

つまり、不倫相手は婚姻関係が破綻していると思っていても、判例等からは「婚姻関係が破綻しているとは言えない場合」のことです。

これは、非常には良くあるケースです。

六法全書

そもそも、婚姻関係の破綻とは少なくとも夫婦がある程度の期間別居しているとか、別居していなくとも双方が離婚の意思を有しており、離婚条件を具体的に詰めている程度まで回復が不可能な状態を指します。

そのため、単に夫婦関係が冷えているとか、寝室を別にしている程度では婚姻破綻にはあたらないのです。

よって、この場合であっても不倫相手の配偶者に対する慰謝料支払い義務が生じることになります。

本当に破綻している場合

最後に、不倫相手からの「妻との婚姻関係はとっくの昔に破綻している」という言葉が、真実である場合についてです。

この場合は、不倫相手の配偶者からの慰謝料請求を拒絶できます。

もっとも、請求を拒絶するためには、上記のように婚姻関係が破綻している客観的な事実の提示や証明が必要となります。

婚姻破綻という言葉は疑ってかかるべき

不倫相手から「妻との婚姻関係はとっくの昔に破綻している」と聞かされていたとしても、上記のようにこの言葉は不倫をする人の定番中の定番の誘い文句であります。

また、本当に婚姻関係が破綻していると言える状況でない限り、不倫相手の配偶者からの慰謝料請求は拒絶できません。

そのため、このような「婚姻破綻している」という誘い文句は疑ってかかるべきと言えるでしょう。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

メールでのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動