証拠によっては不倫関係を否定できるか?

疑問

「不倫の慰謝料を請求されたのですが、奥様(ご主人)は証拠を持っていないようですので、不倫関係を否定しても大丈夫でしょうか?」というようなご相談を受けることがあります。

個人的には、不倫をしたことによって被害者に精神的な損害を与えたのであれば、真摯に謝罪して適正な額の慰謝料を支払うべきであると考えています。

そのため、このように証拠がなければ「不倫関係を否定して責任を免れよう」という考え方をする人のご相談やご依頼はお断りしています。

また、そのような考え方は道義的・倫理的にもどうかとは思います。

本当に証拠を持っていないのか?

疑問

しかし、善悪は別として、仮に請求者が証拠を持っていなければ、現実問題として不倫関係を否定できるのでしょうか?

不倫の証拠となり得るものは実に様々なものがあります。

例えば、ドラマなどでご覧になったことがあるでしょうが、ラブホテルに出入りする写真等を含めた興信所(探偵)の調査報告資料が代表的ですね。

メール

他にも、当事者間でやり取りされた肉体関係が推測できるLINE・メール、配偶者が不倫の事実関係を認めた書面(念書)や録音データなども証拠となり得ます。

そして、その証拠をどの段階で提示するかは請求者の自由です。

そのため、いきなり不倫相手の目の前に証拠を提示することで、不倫の事実を認めさせるという考えの人もいるでしょう。

一方、ギリギリまで証拠の存在を隠している人もいるどころか、あえて証拠を持っていない素振りをする人もいます。

したがって、「提示されなかったのだから、証拠は持っていないはずだ」「どうも証拠を持っていないようだ」と安易に考えることは危険なのです。

もちろん、本当に不倫関係を証明できるような確たる証拠どころか、全く何も持っていない場合もあるでしょう。

しかし、証拠は握られていると考えたほうが無難であるでしょう。

また、そもそも「証拠を持っていないようだから不倫関係を否定しよう」という考え方自体が人としていかがなものかと思います。

提示を要求することは可能?

疑問

では、請求者が証拠を所持しているかを確認するために、請求者に対して証拠を提示するように要求することは可能なのでしょうか?

この結論としては、「不倫の慰謝料を請求するのであれば証拠を提示してください」と要求すること自体は可能です。

ただし、上記のようにどのような証拠を所持しているかを隠す人やあえて所持していないように装う人もいます。

そのため、請求者が自ら提示してこない限り、現実的には「証拠を提示してください」と要求をしたとしても、拒否される可能性が高いです。

証拠を隠す理由

疑問

では、なぜ請求者は証拠を隠すことがあるのでしょうか?

普通に考えれば、確たる証拠を目の前に突きつけて、不倫関係を否定させる道を封じるほうが効率的なような気もします。

交渉を有利に進める

これについては、請求者の立場になって考えてみれば分かります。

まず、不倫の事実関係を否定した後、事実関係を認めざるを得ないような証拠を突きつけられれば、請求された側は今後の交渉において圧倒的に不利になることは誰の目にも明らかです。

例えば、本当は1ヶ月程度の不倫期間であって、最初に請求された段階で素直に認めていれば数十万円の慰謝料の支払いで済んだような事例だとします。

それにも関わらず、慰謝料の支払いを免れようと「証拠を持っていなそうだ」と不倫の事実を否定したとします。

その後に、「貴方は不倫などしていないと言っていますが、こんな証拠があるのですよ」と証拠を突きつけられれば、もはや何を言っても信じてもらえないでしょう。

計算機

その結果として、長期間の不倫関係があったとして算出された慰謝料額を支払わざるを得ない状況に追い込まれる可能性が出てくるわけです。

このように交渉を有利に進めるために、あえて最初は証拠を提示しない、あるいは証拠を持っていないように装うわけです。

裁判を想定している

裁判所

また、上記のような当事者間の交渉を有利に進めるという意図以外に、不倫問題の解決が訴訟に発展した場合のことを想定しているからであることが多いです。

当事者間の協議段階で不倫の事実を否定する人は、おそらく訴訟になっても不倫関係を持たなかったと主張するでしょう。

しかし、これも上記同様に、「不倫なんてしていません」という主張の後に不倫の証拠が提示された場合、裁判官は請求された側が何を言っても疑ってかかることになるでしょう。

慰謝料は目に見えない精神的損害に対する賠償金でありますから、ある程度の相場はあっても、確たる計算式があるわけではありませんので、裁判官に疑いの目で見られてしまえば、金額的に不利になる(慰謝料が高額になる)可能性は否定できません。

お金

実際に、多くの裁判例にいて不倫関係を否定していたことが、慰謝料増額の理由となっています。

よって、当事者間の協議段階においては証拠の有無、どのような証拠を所持しているかは、隠しておいたほうが有利になることがありますので、請求者は証拠を隠すことがあるわけです。

本当に証拠を持ってなければ?

疑問

請求者が証拠を隠すことやその理由は分かったが、本当に請求者が証拠を持っていない場合に不倫の事実関係を認めてしまえば、結果的に請求者に証拠を与えるようなものではないか?と思われるでしょう。

確かにその通りです。

しかし、たまたま請求者が証拠を持っていなかっただけで、不倫をして請求者に精神的損害を与えたことには変わりありません。

そうであるなら、証拠の有無に関わらず、素直に不倫の事実を認めて真摯に謝罪し、適正な額の慰謝料を支払うことが、人として正しい行動なのではないでしょうか。

なお、これは私個人の考え方であり、人によっては「馬鹿なことを言うな」と思われるかもしれませんけどね。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

メールでのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動