愛人契約はドラマの世界の話ではない

お金

お金持ちの男性が女性に対して「月々○万円支払うから僕の愛人になってほしい、このマンションも君にあげよう」と持ちかけ、女性もそれに合意したとします。

しかし、人間の気持ちはいつまでも同じではありません。

何らかの事情によって、愛人契約を持ちかけたときとは、スポンサー(お金持ちの男性)の気持ちが変わることもあるでしょう。

そうすると、そのスポンサーとしては、月々支払うと約束したお金を今後は払いたくなくなるでしょう。

また、マンションも返してほしいと考えることでしょう。

疑問

では、そのスポンサーから「もう月々のお金を支払うことはやめた、マンションも返してくれ」と言われた場合、それ以降の月々のお金をもらうことは可能なのでしょうか?
もらったマンションは返還しなければならないのでしょうか?
また、慰謝料等の損害賠償請求が出来るのでしょうか?

昼ドラマの世界の話ではなく、当事務所にもときどき舞い込んでくる相談です。

契約の有効性

裁判所

そもそも、一般的な社会常識や倫理観、道徳観に著しく反するものなので、愛人契約なるものは公序良俗に反して無効であるというのが判例の立場です。

そして、愛人関係を維持しようとして結んだ「月々○万円支払う」という契約も「このマンションも君にあげよう」という契約も公序良俗に反することになるので無効です。

そのため、マンションをあげるという贈与契約が無効である以上、本来であればそのマンションを返却しなければなりません。

不法原因給付

法律

しかし、法律や公序良俗に反するといった不法な原因(愛人契約等)のために給付をした者(スポンサー)は、その給付した物(マンションや月々のお金)の返還を請求できないということになっています。

したがって、愛人からすれば愛人の立場からすれば不法原因給付物であるマンションを返還する必要はないということになります。

ただし、前述のように契約自体が無効である以上、今後は月々のお金をもらうことはできません。

また、一方的な契約違反に対し、慰謝料等の損害賠償請求はできないということになります。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

メールでのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動