請求者の目的

配偶者に不倫されて、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求する人は、お金に困っているから慰謝料を請求していることはあまりありません。

もちろん、不倫が原因で配偶者と離婚することになり、慰謝料請求者自身や子供達の将来の生活に不安を感じて、配偶者の不倫相手にもできるだけ多く慰謝料を支払ってもらおうと考えている請求者もいます。

また、これを機会に一儲けしてやろうというように考えている請求者や、とにかくできるだけ多くのお金が欲しいという金の亡者のような人もいます。

しかしながら、基本的には不倫の慰謝料を請求することによって、配偶者の不倫相手から謝罪を得たい、慰謝料請求者の中で不倫に対するけじめをつけたい等を慰謝料請求の目的にしている人のほうが多いです。

特に、不倫が発覚しても配偶者と離婚に至らない場合には、将来の生活に不安を感じる必要がないのですから、その傾向は顕著です。

慰謝料の扱いに困る?

このように配偶者の不倫相手から謝罪を得たい、慰謝料請求者の中で不倫に対するけじめをつけたい等を慰謝料請求の目的にしている人は、いざ配偶者の不倫相手から慰謝料を受け取ってもその扱いに困ることがあるようです。

いつまでも口座に入れておくのは心理的に抵抗がある、とは言って使い道も思いつかない、さてこのお金をどうしよう?という感じだそうです。

不倫相手の配偶者から不倫の慰謝料を請求された人からすれば、慰謝料を請求されることは理解していたとしても、やはり慰謝料請求者の目的を「お金」と感じてしまうものでしょう。

また、慰謝料請求の目的が「お金」である人がいることも否定はできません。

しかし、受け取った慰謝料をそのまま全額不倫相手に返金した人、慈善団体に寄付した人などが現実にいる意味を考えていただければと思います。

つまり、慰謝料請求者が何を求めているかということをよく考えて、請求者の心理を推測することによって、請求された人は自分がどういう対応を取ればいいか分かるわけです。

対応を間違えると目的は変わる

上記のように、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求する目的は人それぞれではあるのですが、基本的には配偶者の不倫相手から謝罪を得たい、慰謝料請求者の中で不倫に対するけじめをつけたい等を慰謝料請求の目的にしている人が多いです。

しかし、慰謝料を請求された人の対応によっては、その目的が変わってきます。

例えば、慰謝料請求者の目的が不倫相手から謝罪を得ることである場合において、謝罪もせずにいきなり慰謝料の減額を申し出てしまうと、その後に謝罪をしたとしてもその謝罪はとても心からのものとは思えないのが一般的な感覚でしょう。

そうすると、慰謝料請求者としては今更謝罪をされても仕方ないと考えるようになり、それならばできるだけ多くの慰謝料を不倫相手に支払わせてやろうと目的が変わってきますので、請求額を満額支払わなければ解決が難しくなるのです。

ですから、不倫の慰謝料を請求された最初の段階において、まず考えるべきこと(推測すべきこと)は請求された金額を減額する方法ではなく、慰謝料請求者の真の目的は何なのか、その慰謝料請求者の真の目的に対応するためにはどうすればいいのかということなのです。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動