メニュー

不倫の慰謝料請求する場合や請求された場合、知っておいたほうがいい法律知識や当事者の心理等があり、それらを理解することで問題を有利に解決できる可能性が高まります。

そのため、この不倫慰謝料請求実践編では、実際に請求する際や請求された場合の法律知識、問題解決方法や流れ、請求者と請求された側それぞれの心理等に関して説明しています。

請求する人

不倫があったからといって必ずしも不倫相手に慰謝料を請求できるとは限らないこと、どのような条件が揃えば不倫相手に不倫の慰謝料を請求できるか

不倫の慰謝料請求の流れを把握することの重要性、どの段階で誰に相談すべきか、請求額や請求方法、請求時の重要ポイントなど、具体的な不倫慰謝料請求の流れ

訴訟や調停に発展することなく、当事者間で不倫問題を解決するための効果的な内容証明郵便の書き方、文例、不倫相手の誘導やメリット提示等の回答要求の方法

配偶者の不倫が原因で離婚した場合の慰謝料の金額、不倫相手が支払う慰謝料額に影響を与える要素、不倫の慰謝料は不真正連帯債務であること

子供から不倫相手への慰謝料請求の可否と判例、子供からの慰謝料請求が可能なケース、不倫相手に慰謝料減額の根拠を与えないように請求する方法

法律上の不倫に該当するための条件のひとつである肉体関係がないものの、「大好き」「会いたい」等の愛情表現を含むメールだけで慰謝料請求が認められた判例とその額、逆に認められなかった判例

精神的損害に対する慰謝料以外で、不倫の慰謝料を請求するに際して出費した弁護士費用や探偵(興信所)費用は請求できるか、裁判所はどの程度の弁護士費用を認めるか、探偵費用が認められる基準や判例

不倫の証拠には何があるか、不倫相手が配偶者を既婚者と認識していたことと肉体関係があったことの証拠となるもの、不倫の証拠がない場合の対応

不倫問題の早期解決のために、不倫の慰謝料を請求する際に目的の優先順位を決めておくことの重要性、金銭が目的であることは恥ずかしいことであるか

再度の不倫関係に対する慰謝料請求の可否、不倫相手に退職を要求することの可否、配偶者と不倫相手の勤務先が同じ場合の不倫関係再発防止方法

不倫相手に転居要求することの可否、金銭賠償の原則、転居を要求する際の注意点、不倫関係再発を予防するための示談書の作成方法、違約金の設定の仕方

不倫の慰謝料請求において、最初の請求額に拘束されるのか、請求額を増額したくなる理由、請求額を増額することは可能なのか、請求額増額の理由付けの仕方や注意点等

不倫相手に慰謝料を請求できる条件、婚姻関係の破綻とは、破綻後に慰謝料請求できない理由、別居している配偶者の不倫相手に対する慰謝料請求の可否

不倫相手が話し合いや慰謝料の支払いに応じない場合の残された手段、不倫調停を弁護士に依頼せずに自分でできるかどうか、不倫調停のメリット

不倫の被害者の権利を実現する方法、不倫訴訟を弁護士に依頼せずに自分でできるかどうか、不倫訴訟にかかる費用、費用対効果を把握することの重要性

請求される人

不倫の慰謝料を請求される方法、不倫の慰謝料を請求された場合の基本的な対応、法外な請求額や勤務先の退職、親族への請求など不当な要求に対しての対応

不倫慰謝料請求者の目的、慰謝料請求者の心理を推測して対応することの重要性、慰謝料を請求された側の対応によって請求者の目的が変わることがある

再度不倫関係になるなど不倫の慰謝料を何度も請求されるパターン、一度不倫の慰謝料を支払い後に再度請求されないように示談書を作成することの重要性

証拠がなければ不倫関係を否定することは可能か、証拠の提示を要求することの可否、交渉を有利に進める・裁判を想定しているなどの理由により証拠を隠すことが多い旨、請求者が本当に証拠を所持していない場合

不倫の慰謝料請求者から住所を教えてほしいと要求された場合の対応、教える義務の有無、教えた場合と教えなかった場合に起こる事態、親や配偶者などと同居していることで住所を教えたくない場合の対応

不倫相手が独身だと偽っていた場合や不倫相手を既婚者と知らずに交際していた場合の慰謝料支払義務の有無、既婚者と知らなかったことの実務上での証明責任

婚姻関係破綻後の不貞行為に対する慰謝料の問題と、不倫相手から婚姻関係は破綻していると聞かされていた場合における慰謝料支払い義務の有無

お役立ちコンテンツ

ダブル不倫とは、ダブル不倫の慰謝料を先に請求すべきではない場合と深く考えずに請求していい場合、ダブル不倫時における示談書作成の重要性

内縁とはどういう関係か、内縁関係における貞操義務とそれが侵された場合に侵害される利益の説明、内縁の配偶者の不倫相手に慰謝料請求ができる条件

不倫相手との間に子供ができた場合の法律関係、不倫相手の子供を出産する場合と中絶する場合における各当事者から認知、養育費、慰謝料などの請求可否

不倫の一方当事者から他方当事者への慰謝料請求は原則として認められないこと、優越的地位を利用して強要された不倫の場合は例外であることとその判例

愛人契約を破棄された場合における損賠賠償請求の可否、愛人契約は公序良俗に反して無効であること、不法原因給付物は返還請求ができないこと

メール相談|ご依頼|その他メニュー

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実践編メニューへ移動