当事者等

当事務所への依頼者30代女性
相手方夫に不倫をされた30代女性
婚姻年数約10年
不倫前の婚姻関係不仲
不倫後の婚姻関係婚姻継続
不倫期間約1年
請求された額150万円
支払った額80万円
解決までの期間約2ヶ月

解決までの経緯

※プライバシーに配慮するため、最初に請求を受けた日を1月1日としています。

  • 1月1日 相手方より内容証明郵便で通知書が届く
  • 不倫の慰謝料として金150万円を請求する旨が記載されていた

矢印

  • 1月4日 スタンダードコースをご依頼いただく

矢印

  • 1月8日 一般書留で回答書を送付
  • 不貞行為前の夫婦関係が不仲であったこと、相手方夫婦が離婚に至らないこと、依頼者に経済力がないことから80万円での解決を希望する旨を記載
    また、一括での支払いは無理なので分割にて支払わせてほしい旨を記載

矢印

  • 1月21日 通知書が届く
  • 依頼者が回答書に記載した内容は事実関係に相違があるため80万円では和解できない旨、再度150万円を請求する旨が記載されていた

矢印

  • 1月28日 一般書留で回答書を送付
  • 依頼者が把握している事実関係に相違があるのであれば、事実関係のすり合わせを行うために、不倫相手を含めた三者間での協議を提案する旨を記載

矢印

  • 2月4日 通知書が届く
  • 三者間での協議には応じない旨、早期解決のために80万円(最初に35万円、残り45万円を月々5万円ずつの分割払い)の提示で解決する旨が記載されていた

矢印

  • 2月10日 一般書留で回答書を送付
  • 和解契約書(案)に対して、支払期日を変更して欲しい旨を記載

矢印

  • 2月17日 和解契約書が届く
  • 支払い期日が変更されており、和解契約書2部に署名捺印して相手方に送付するよう要求された

矢印

  • 2月20日 一般書留で和解契約書2部を送付

矢印

  • 2月25日 和解契約書が届く
  • 相手方が署名捺印した和解契約書1部が返送されてきた

矢印

  • 3月5日 和解契約書を原案にした公正証書に署名捺印

矢印

円満解決!

不貞行為に至る前から夫婦関係が不仲であった点、夫婦が離婚に至らない点、依頼者に経済力ない点を主張して減額をお願いしたこと、慰謝料請求者が早期解決を望んでいたことにより、一般的な事例より低額で和解に至ることができました。

メール相談|ご依頼|その他メニュー

電話、面談でのご相談

書面作成等のご依頼

お客様の声
当事務所の実績!

相談してみようか、依頼してみようかとお悩みの場合、当事務所に相談、依頼された方の声をお聞き下さい。思い通りの解決に至った例、至らなかった例もあります。

キャンペーン

とてもお得!

実例編メニューへ移動